人気ブログランキング |

森ようツナギスト Japanication ゲッベルみどり

miamama.exblog.jp
ブログトップ

【視察1日目】ウンターメンチング森のようちえんとイザールアウエン自然ようちえん

7月8日(月)、20代のお客様から「森のようちえん」を見学したいというご要望を受けて、
雨降る中、ウンターメンチング森のようちえんを訪れました。





f0037258_05032481.jpg

8時45分頃に園に到着したので、先生や園児が数名来ているだろうと予想していたのですが、誰もいず、、、。


お客様に「今日は月曜日だから、、、」と話していたところ、おばあさんが孫二人連れて登園して来たので、
「私たちは見学者で、まだ先生が誰も来てません、、、」とお話ししました。


なぜだか実習生と勘違いされ、「ちょっと待ってね。確認してみるから、、、」と言われ、
彼女が担当の保護者と電話で話した結果、近くのリサイクルセンターが出火し、その煙が風に
乗ってやって来るので、森のようちえんの園舎での保育が中止になり、悪天候の際に利用する
教会の部屋で保育をすることになった。そのため、今日の見学はキャンセルさせて
もらいたいということになりました。



f0037258_05033900.jpg


予期せぬアクシデント発生のため、止む得ない事情になってしまったとは言え、今日行ける森のようちえんを
急に探すことになってしまいました。



私の幼稚園リストの中でトップ2に君臨するイザールアウエン自然幼稚園の園長先生に電話連絡したところ、
「みどり!久しぶり!是非是非、おいでよー ^ ^」と先生のスマイルが電話越しに伝わって来るようなお返事が。



f0037258_05041433.jpg


園長先生の懐の深さに大感謝したのは言うまでもありません。





ウンターメンチング森のようちえんの一日の流れをお客様に説明し、保育フィールドがある森も少し見学し、
イザールアウエン自然幼稚園に向けて出発しました。



こちらがウンターメンチング森の幼稚園の一日の流れになります。


登園→朝の会→森に出発→森での保育→自由保育→午前のおやつ→自由保育
→園に出発→自由保育→昼食→自由保育→終わりの会→降園




動物園前に到着し、森の中を歩いてイザールアウエン自然ようちえんに向かいます。




10時半を回っていたので、すでに他のスポットに行っているのかと思いきや、
先週の土曜日に夏祭りをやって、子供たちが疲れているのか、今日は園に残って
園舎や園庭で時間を過ごそうということになったそうです。





アポなしでの訪問になりましたので、午前中のみの視察と判断し、12時まで
見学させてもらいました。




5年ぶりに訪れた幼稚園です。クリストファー先生は二人のお嬢さんのパパになり、
すっかり貫禄がついてました。でも、優しい眼差しは昔のままです。


f0037258_05052936.jpg



馬のおもちゃが増えてました。ドイツ人は馬が大好きです。




今まであった2歳児クラスと3歳児クラスをくっつけて、
2歳3ヶ月から7歳の就学するまでの子供たちの1クラスを
園長先生1名、ベテラン幼稚園教諭3名、新米幼稚園教諭1名、
実習生1名で、シフトを組み、毎日平均4名のスタッフで
見守り保育をされています。





週に一回、リトミックの先生も来られます。リコーダーを利用して
アウトドアでも十分にリトミックは行えるのです。



f0037258_05045272.jpg


この園の愛すべき特徴の一つは「スキンシップを大切にしていること」。
バウバーゲンの中には、ゴロゴロできるスペースが設けられています。




読み聞かせが上手なクリストファー先生が寝そべりながら読み聞かせを
始めると、たくさんの子供達が彼に寄り添いながら絵本に興味津々です。



今日は外での読み聞かせの様子を見学しました。



f0037258_05050877.jpg


今、園児が興味を持っている本のタイトルは「カッコファント」。
ドイツ語で「ウンチ」のことを「カッケ」と呼び、「ゾウ」のことを
「エレファント」というので、「カッコファント」は「ウンチのゾウ」の
造語になります。




日本でもドイツでも子供達は「ウンチ」が大好きですね!!



f0037258_05055062.jpg


夏祭りに利用した木材を使って、代行パパが「騎士のお城」を組み立てました。
それを見ていた子供達がまずはお城に入る道を作り、また、細くて小さい枝を騎士に
見立てて遊んでいます。



そのあと、そのお城は壊され、そして、子供達の独自のアイデアで、
インディアンのティッピが作られました。




子供達は大人を模倣し、そして自分たちのファンタジーの世界に入って
クリエイティブな作業をします。子供達の感受性の豊かさは素晴らしいです。




私は幼稚園を訪れると、そんな子供達のクリエイティブ性に圧倒されます。




園児の視線はなんとピュアで心が澄んでいるのでしょうか。




今日はアクシデントがありましたが、ずっと会いたかったクリストファー先生に
再会できたので、私にとっては楽しい半日になりました。お客様に感謝です。



f0037258_05060424.jpg








by midorimartin | 2019-07-09 05:02 | ドイツの森の幼稚園