森ようツナギスト Japanication ゲッベルみどり

miamama.exblog.jp
ブログトップ

ドイツの生活はダンケから始まる

ドイツの生活はダンケから始まる from wms

一度、ドイツ人の同僚から、こんなことを言われた。

「みどりって、本当によくダンケを言ってるわよねー。めずらしい、、」

「ダンケ」とは、日本語で「ありがとう」という意味になる。それまで、あまり意識したことがなかった感謝の気持ちだったが、今またふとそのときの同僚の言葉が思い出された。

なぜなら、人間関係を潤す言葉の一つが、この「ダンケ」だからである。

私は娘が一歳のときに、ドイツの保育園に預けて、仕事に復帰した。保育園の保母さんは二人いて、どちらも優しくて有能だった。一人がベテラン20年の保母さんで、娘が2歳になったとき、こんなことを言われた。

「あなたはちゃんと自分の境界線の基準を持っていますか?子供に【していいこと】と【してはいけないこと】の境界線を引いていますか?でないと、あとで大変なことになりますよ」

私はこのとき、人にはいろんな事情があって、朝忙しいときに、子供の要求どおりにしなければ、時間に間に合わなくなることがあるんですよ、、と、内心思いながら、

「貴重なアドバイスをありがとうございます。がんばって境界線を引いてみます」と答えた。

この先生とは、その後、いろんな話をするようになり、育児のアドバイスも受けるようになった。私があのとき、彼女の助言をちゃんと受け止めて、「ありがとう」と感謝の気持ちを表したからだと思っている。

幼稚園の先生に対しても、感謝の気持ちをストレートに表すことにしている。もちろん、職場でも同じである。上司、部下、同僚関係なく、何かをしてもらったり、何かを依頼するときは、いつも「ダンケ」を伝えるようにしている。

感謝されて嬉しくない人間はいないはず。「ダンケ」は私にとって、万能な魔法の言葉である。

応援のポチッ、よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング

[PR]
# by midorimartin | 2006-09-30 00:37 | コラム

イザールの川くだり

イザールの川くだり from wms

f0037258_1352469.jpg


9月の前半の金曜日に会社の遠足「イザールの川くだり」があった。私が勤める会社では、年に何回かこういったイベントがある。夏はバーベキューパーティー、秋はオクトーバーフェスト(世界最大のビール祭り)、冬はクリスマスパーティー(忘年会)。誕生日っ子がケーキ等を持ってきてお祝いする誕生会もあったりする。

そして、一番ステキだなあと感じるのは、パーティーのときは、上下関係なくいろんな話ができること。会社のスタイルにもよるかもしれないが、みんなが名前で呼びあうアットホームな雰囲気なので、上司と部下との関係が親しみのあるものになっている。

バス酔いと船酔いをする体質の私は、当日の朝、ドキドキしながら集合場所に向かった。

もちろん、いかだで川を下るのは初めてのことだ。行きのバスの中では、部下を隣りに座らせて、ずーっとおしゃべりしていた。バスに酔うことなく、目的地に着くことができたので、それだけでほっとした。

そして、船酔いしないことを望みながら、いかだに乗り込んだ。なんと、いかだは、急流に出合わない限りは、まったく揺れないのだ!もちろん、足元を見れば川なので、水の上を渡っているのだが、前方だけを見ると、まるで道の上を走っている気になる。ポジティブな驚きと共に、船酔いする心配がないことがわかり、感激したのは言うまでもない。これで、いかだ生活が楽しめると思った。

バイエルン州の川くだりの歴史はとても古く、12世紀に逆のぼる。ミュンヘンのイザール川のいかだくだりは、1158年に始まったらしい。いかだは長さ18メートル、幅が7メートルで、重さは20トン。写真のようにトイレまでついているのだ。

f0037258_13522535.jpg


このいかだは、目的地に着くと解体され、トラックでまた出発地点まで搬送される。そして、また一から作ることになるそうな。100年前と同じ方法が、今でも行われていることに、伝統を感じる。

いかだをこぐ人は二人いて、前がリーダーで、後ろがアシスタント(この写真はリーダー)。

f0037258_1353519.jpg


川くだりの途中で、アヒルや白鳥がたくさん集まってきた。いかだの上で出されたパンをちぎって与えると、みんな喜んでパクついていた(この写真は白鳥)。

f0037258_13532879.jpg


いかだの上では、バイエルンの生演奏が聞けて、おいしい生ビールが飲み放題で、本当に楽しい一日を過ごすことができました。

みなさんも、ミュンヘンに来られた際には、一度イザールの川くだりに挑戦してみてくださいね。


応援のポチッ、よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング

[PR]
# by midorimartin | 2006-09-26 13:54 | コラム

「できる子」の親がしている70の習慣

里帰り中に、実感の母が私に薦めた本のタイトルは、「できる子」の親がしている70の習慣。PHP文庫で、教育学博士の七田眞氏の著書だ。

母から娘のしつけについてアドバイスを受け、この本が参考になるだろうと言われた。読後感は、「すばらしい」の一言。ぜひみなさんにも読んで頂きたい一冊である。特に、子育てで悩んでいる方は必見。

「できる子」の親がしている70の習慣から、いくつか、「うーん、なるほどなあ、、」と思った箇所を、以下のとおり、ご紹介したい。

続きを読みたい方は、↓をクリックしてくださいね。

「できる子」の親がしている70の習慣 from wms

応援のポチッ、よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング

[PR]
# by midorimartin | 2006-09-10 14:01 | コラム

ドイツで働くワーキングマザー 本当に働きやすいのか? from wms

友人知人の中に、ワーキングマザーの女性たちがいます。ドイツでは、3年の育児休暇を取ることが一般的で、育休中でも、週に19時間から30時間までなら仕事をしてもよいことになっています。

まずは、私のママだちたちがどんな仕事人生を送っているのかを紹介していきたいと思います。

【友人A(ドイツ人)の場合】
ドイツの大手電子製品開発会社で秘書として仕事していたが、2人の子供を育てるため、育休を6年取得。今年に入って復帰したい旨を上司に伝えたところ、会社から出張が多いポジションに変更、または遠距離の場所への異動を命じられ、退職を決意(間接的な解雇)。大ショックを受け、どうするか迷っていたが、最終的には、退職金をもらって、現在失業中。

続きを読みたい方は、↓をクリックしてくださいね。

ドイツで働くワーキングマザー 本当に働きやすいのか? from wms

友人Aのケースは、本当にびっくりしました。育児休暇を終えて、さあ、仕事に復帰しようと思うワーキングマザーにとって、会社から「よく戻ってきてくれた」ではなく、物理的に不可能な労働条件を押し付けられる現状はショック以外のなにものでもありません。こんなことがあっていいのでしょうか。

みなさんはどう思われますか?
[PR]
# by midorimartin | 2006-07-24 13:22 | コラム

クウォーターの子供たち 日本語は母国語になるのか?

ミュンヘンには日本人の子供たちや、ハーフ(ミックス)の子供たちが、日本語や日本の文化が学べる教育の場があります。

日本人国際学校や、日本語補習授業校や、ジャパニーズ・キンダースクールのようなちゃんとした学校もあれば、各地域にプレイグループ等もあり、本当に様々なコミュニティーが存在します。

私は、外国にこのような日本語や日本の文化が学べる場があることを、本当に素晴らしいと思っています。外国に住んでいると、子供たちが日本語に触れる機会が少ないからです。

しかし、一つ、疑問に思っていることがあるのです。ドイツに住むクウォーターの子供たちにとって、日本語は母国語になるのかどうかということです。

続きを読みたい方は、↓をご覧くださいね。

クウォーターの子供たち 日本語は母国語になるのか? from wms
[PR]
# by midorimartin | 2006-07-22 14:14 | コラム

美しいミュンヘンを堪能あれ!

土曜日のミュンヘンは、透き通るような真っ青な空に白い入道雲が少しある程度で、まさに写真を撮るのには絶好な天気。デジカメを持ってミュンヘン市中心をうろうろしてみました。

ヴィクトアリエン市場で、今度は八百屋さん。おいしそうな大根が山積みで売られていました。ドイツの野菜や果物のサイズは、ドイツ人の体格に合わせているのか、どれもとても大きいです。最初、私は「こんなん食べられへんわー」って思っていたのですが、住むうちにビッグサイズも大丈夫になっていくのですから、いやはや、人間の慣れとは恐ろしい、、。

他の写真については、↓を読んでくださいね。

美しいミュンヘンを堪能あれ! from wms


f0037258_13421970.jpg

[PR]
# by midorimartin | 2006-07-17 13:44 | コラム

ワールドカップから学ぶ from wms

今回は、wmsで書いたコラムを全文掲載します。

ワールドカップから学ぶ from wms

ドイツの異常すぎるくらいのワールドカップフィーバーが終わりました。私はドイツのクリンスマン監督の今後の動向に注目しています。

彼がすごいのは、若手をたくさん起用して、成功に導いたことです。2年前、クリンスマン監督がドイツのナショナルチームを率いることになったとき、彼は「目標は2006年のワールドカップで優勝することです」と宣言しました。そのときは、ほとんどのドイツ国民が無理だと思っていたのです、、、。

なぜなら、国際経験の少ない若手をたくさん起用したために、ワールドカップまでの国際試合であまり勝つことができなかったからです。それが、ワールドカップ期間中、ナショナルチームはどんどん成長して、世界で3位になったのですから、たいしたものですよね。

私なりに、何が成功の要因だったのか分析してみました。答えは2つあります。

一.監督と選手の絶対的な信頼関係
二.選手の高いモチベーション

クリンスマン監督は、若手の能力を信じ、彼らも監督を信じたからこそ、味わえた勝利なんだと思います。これが、別の監督だったら、同じ選手でも成功したかどうかわかりません。そして、クリンスマン監督が選手のモチベーションを最大限に引き出したからこそ、国際経験の少ない選手が能力を120%発揮できたのだと思うのです。

この2つの成功の秘訣は、チームリーダーの仕事にも当てはめることができます。部下を信じること部下から信じてもらうこと部下のモチベーションを高める工夫をすること。そうすれば、チームワークが完璧になり、スムーズに仕事をこなすことができるのではないでしょうか。あなたはどう思いますか?
[PR]
# by midorimartin | 2006-07-11 06:15 | コラム

ドイツのおもしろ情報 ココロコランド

娘には、今、四人のドイツ人のお友達がいます。一人は保育園のときから知っているEちゃん。あとの三人は、幼稚園で一緒のSちゃん、Lちゃん、Rちゃん。幼稚園の先生の話によると、娘はいつも、Sちゃん、Lちゃん、Rちゃんと一緒に遊んでいるらしい。

四歳を目前にして、初めてお友達と呼べるような関係が築けたことになります。6月の半ば、娘はLちゃんのバースデーパーティーに招待されました。場所は、子供天国「ココロコランド」。私はどんなところなのか興味深々で、娘について行きました、、。

「ココロコランド」は、ミュンヘンの高級住宅街で、芸能人がたくさん住んでいるグリュンバルト(日本語に訳すと緑の森)に位置する、子供のためのレジャーランドです。迷路付き大型滑り台、電動ゴーカート、三輪車、スケーター、巨大なワニの滑り台等、子供たちにとっては魅力満載の遊び場と言えます。

続きを読みたい方は、↓をクリックしてください。

ドイツのおもしろ情報 ココロコランド from wms

本当に楽しい場所で、まさに、「子供天国」でした。子供を連れて、一度遊びに行かれることをオススメします。


f0037258_1340119.jpg

[PR]
# by midorimartin | 2006-07-08 13:40 | コラム