森ようツナギスト Japanication ゲッベルみどり

miamama.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

【モシュ森ツナギストだより】 Vol 4「ルールの必要性」

私の本業はドイツのIT企業に勤める会社員で、私はアプリ検証チームの課長代理を担っている。




大学生バイトが2名いて、彼らにいくつかの注意事項(ルール)を伝えると全部覚えていないことがよくある。再確認のため何度も復唱しなければならない。





つまり、大人でもルールをたくさん設定すると覚えきれないというわけだ。




果たして、子どもにとってルールは必要なのだろうか。




子どもが必要だろうと思うルールを大人が取り決める。




簡単に言えば、先生である大人が保育しやすいようにルールを設定するというわけだ。




ある森のようちえんはモンテッソーリ色が強く整った保育環境づくりを徹底している。




登園→自由保育→朝の会→森への移動→自由保育および設定保育→ようちえんに移動→自由保育→昼食→自由保育→終わりの会→降園




という保育の流れの中でいくつも決まりごとががある。これらのルールを子どもたちがしっかり守ってるからすごい。




完璧に美しく整備された保育環境である。





別の森のようちえんは最小限のルールを設定している。基本的に園庭が保育環境の場であり移動が少なく自然との一体感が強い。




言葉を必要とせず心がしばられないゆったりとした保育環境。




先生である大人と園児である子どもまたは子ども同士が楽しく過ごすための最低限の約束ごとが存在するだけだ。





この2つの園はまったく対照的であり観察していると非常に興味深い。




幼児保育においてルールはいくつ必要なのか。今後も研究していきたいテーマの一つである。




[PR]
by midorimartin | 2016-10-02 18:33 | コラム

10月に森のようちえん実習生第10期生が誕生します

2012年末に終えた森のようちえんインターンシップ事業ですが、今年出逢いがありまして、10月に新たに森のようちえん実習生が誕生します。出逢いについての詳細はこちら→ポーイング森のようちえんから実習生探しの問い合わせを受けました





明日はドイツ統一記念日で祝日なので実習開始日は10月4日です。





2ヶ月のインターンシップなので、11月30日に私は実習最終日に同行予定です。





今からとても楽しみです。そして、お客様にはインターンシップを思いっきり楽しんで頂ければと思います。




[PR]
by midorimartin | 2016-10-02 18:15 | ドイツの森の幼稚園