森ようツナギスト Japanication ゲッベルみどり

miamama.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

【モシュ森ツナギストだより】 Vol 3「自由の定義」

2010年にシュタイナー教育に初めて触れた場所がシュタイナー学校。




教育畑出身でない私にとって、見るもの聴くもの初めてづくしで、五感が解放されっぱなしの視察時間だったことを今でも思い出す。





エポック授業、オイリュトミー、匠の域までいきそうな工芸レッスン、そして、中でも注目したのは園芸の時間だった。





その時間で私が学んだことは「自由とはなんだろうか。自由に決断をするとはどういうことなのだろうか」




「欲求が動機づけで直感的に決断することは自由な決断とは言えない。概念がないことは、知覚ではない。自覚や意識を発達させよう。自覚や意識は自由の中にある」と、言葉をたくさん並べていく園芸授業の先生。




「感情を五感のように発展させることにより、知覚したことが動機となって行動できたとき、私たちは自由な決断をしたことになる」と先生の説明。




知覚が動機づけとは、いったいどういうことなのだろうか。深いテーマである。




それ以来、私は森のようちえん・モンテッソーリ幼稚園・シュタイナー幼稚園を視察するたびに、「自由の定義」を考えるようなった。



2010年から2016年の6年間の間で得た私なりの見解はこうだ。





・ シュタイナー教育 → 用意された環境 → 決定の自由性




・ モンテッソーリ教育 → 用意された環境 → 選択の自由性




・ 森のようちえん → 用意されていない環境 → 想像の自由性





「決定の自由性」とは、欲求に依存せずに決定する能力。




「選択の自由性」とは、個々の好みにぶれずに選択できる能力。




「想像の自由性」とは、何もない状態(自然)の中から何かを生み出す想像の能力。




それぞれの教育はユニークですべてが「精神の自由性」につながってると思う。非常に興味深い。




[PR]
by midorimartin | 2016-09-18 16:54 | コラム

ポーイング森のようちえんから実習生探しの問い合わせを受けました

今年の7月に訪問したポーイング森のようちえんから、8月半ばに「実習生を探しているのですがどなたかご存知ないですか」という問い合わせを受けました。




FÖJ (Freiwilliges ökologisches Jahr)やBufdi(Bundesfreiwilligendienst)に協力を要請したが10月以降の実習生がまったく見つからないとのこと。





8月前半にワーホリで来られている日本人男性のお客様から問い合わせを受けていたので彼を実習生候補ということでポーイング森のようちえんにお連れしました。





f0037258_5191652.jpg







園長先生が優しい笑顔で迎えてくださいました。夏休み明けの最初の週でしたので園児は9名。そのうち新入園児が2名。先生はなんとお一人でした。他の先生や実習生は病休だとか。





9時になり朝の会が始まりましたが、慣らし保育期間中の3歳児とママが2名ずついるので、朝の会の歌と子供の人数と曜日の勉強と私たちの軽い紹介で終了しました。




その後は豚のソファで朝ごはんの時間。男の子二人が男の園長先生にくっついて座っています。なんとも微笑ましかったです。




9時40分くらいに朝ごはんの時間が終了し、その後は12時少し前の終わりの会まで自由遊びの時間。





男の子同士、女の子同士、男の子と女の子が混じったり、一人で遊ぶ子供がいたりして、とても興味深かったです。




f0037258_5254888.jpg







手先が器用でアーティストタイプの5歳の女の子が一人で遊んでいたり、3歳の男の子がみんなの側にいるのに一緒に遊べない状態が多く見受けられたので、先生に一人でいる園児にどのように接しているのか尋ねたところなるほどなあと思う答えが返ってきました。





「5歳の女の子はきっと一人で何かに集中することで自分を落ち着かせているのだと思う。子供たちは園で体験したことを家に返ってから一人でパズル遊びをしたりして気持ちを落ち着かせる行動をする。その「心が落ち着くモード」が彼女の場合、ようちえんでも必要ということなんでしょう。



3歳の男の子はまだみんなと遊べる年齢ではありません。私がみんなに彼と遊びなさいと言うことはできるけど、そんなことをしたら彼がみんなと遊ぶための関係性を築く学びができなくなります。そのため、見守っています」





私が「大人と同じですね」と言うと、園長先生は続けます。「そうです。大人が仕事から帰ってきて、心が落ち着くモードを経て心のバランスが取れるように、子供たちもそのような時間が必要なのです」





f0037258_5333074.jpg






森のある場所がキッチンになっているのを見ました。先生に「あそこはキッチンなのですね」と伝えると、彼は「今日はキッチンですが、明日は馬小屋になったり、お城になったり、様変わりします。子供たちのイメージで自然素材がいろんなものに変化するのです。ハウス型のようちえんだと、キッチンはキッチンでしかありえないけど、自然の中だと子どもの感覚を通していろいろ変わる。それが自然保育の醍醐味です」






なるほどなあとうなずけるものばかりでした。





私が自然トイレ休憩をしている間に、実習生候補の方はティッピにいた女の子たちと交流をしています。



その前も積極的に子供たちにドイツ語で話しかけていたので私は感心しました。




12時少し前になり、終わりの会が始まりました。絵本を2冊先生が読み聞かせしてくれました。3歳児の子どもたちも一緒にみんなで真剣に聞いています。集中力がすごいです。





半日の視察を終え感じたことは、自然の中でゆるやかにゆったりと流れる時間はなにものにも変えられないということ。




来週以降に実習決定の有無のお返事が届きます。どうかうまくいきますように。
[PR]
by midorimartin | 2016-09-03 05:40 | ドイツの森の幼稚園