森ようツナギスト Japanication ゲッベルみどり

miamama.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

【視察3日目】ポーイング森のようちえん

視察3日目はポーイング森のようちえん。1日目と2日目が雨模様だったので、最終日が晴れとなり本当に良かったです。



f0037258_05153227.jpg


トウモロコシ畑を抜けると、ポーイング森のようちえんが見えてきました。



f0037258_05164629.jpg



先週、夏祭りがあったとかで、そのときのオブジェがたくさん残っています。テーマは「ハチとハチミツ」。




f0037258_05183614.jpg

石に色を塗って作られたテントウムシとハチもいました。なんとも愛らしい。


f0037258_05191203.jpg

バウバーゲンの中にもハチの絵もありました。


f0037258_05204120.jpg
私が一緒に作ったティッピは健在です。


f0037258_05194540.jpg

もうあと数日で夏休みに入るのですが、20名いるうち18名が出席でした。




今週は森のオリンピック週間で、森の妖精からの手紙を子どもたちは探しています。




木の枝にありました。手紙は箱にくっついていたので、その箱を木の枝を使って落とします。




9時になり朝の会が始まりました。この森の幼稚園では、子ども一人が始まりの歌のワンフレーズを歌い、残りのメンバーで続きを歌います。




出席している園児の人数、お休みしている園児の人数と名前、今日の曜日と月を学びます。



先生が森の妖精からのお手紙を読み上げます。今日の種目は「じゃがいも袋競争」です。





朝の会が終わり、みんなで朝ごはんを食べることになりました。




フルーツの残りは隣接している野生動物園のブタさんにあげても良いそうです。




f0037258_05243209.jpg


かわいらしい顔が描かれている木を発見。


f0037258_05325560.jpg

男の子が長い葉っぱ数本を何重にも巻いて作品を作っています。誰も教えていないのに作り始めたそうで、クリエイターぶりに脱帽です。




大嵐のときに壊れたティッピが修復されていました。



f0037258_05253257.jpg


女の子たちは自然素材を使った人形を先生と一緒に作っていました。とっても素敵です。



f0037258_05312430.jpg

森のオリンピックはうさぎ組ときつね組に分かれてのチーム対抗戦で、途中から一周遅れになっていたのが最後は接戦になり非常に見応えがありました。




子どもたちの歓声も素朴で自分に満足している園児たちの姿がとても印象的でした。




2時間という自由遊びの時間、ボードゲームをやっている子どもたち、砂遊びをしている子どもたち、サッカーをしている子どもたち、木の枝の皮をけずっている子どもたち等のワークグループが自然発生していて、心と身体のバランスが取れている様子がとても素晴らしいと思いました。





それはきっと園長先生が落ち着いているから。園長先生のカラーがようちえんを形成しているのだとつくづく実感。




12時になり終わりの会が始まりました。「石さん、石さん、飛び跳ねる。どこまで飛び跳ねる」というフレーズの歌を歌いながら石を隠す遊びをしました。一人ひとりが両手を丸めて重ねます。その中に石を隠すというもの。石を隠した人から当てられた子どもが石を持っている人を当てなければなりません。3回まで予想を言うことができます。答えを当てた人は次に石を隠す役ができるのです。



最後にお別れの歌をみんなで歌いおわりの会が終了しました。




自然の中でゆったりと流れる優しい時間にお客様も私も心地良さを感じました。




f0037258_05512742.jpg


[PR]
by midorimartin | 2016-07-28 05:45 | ドイツの森の幼稚園

【視察2日目】ハラヒング森のようちえん

視察2日目はハラヒング森のようちえん。3年ぶりに足を運びました。




チロル出身の園長先生は祖国で森のようちえんをオープンするのが夢だとか。




路面電車の停留所で下車し隣接する森の中を進みます。朝の光が森に差し込み幻想の世界。



f0037258_05280634.jpg

新しい標識を発見。「注意。幼稚園があります」と書かれています。


f0037258_05294705.jpg

園に到着。木のソファがあります。「木のソファ」は人気ですね〜。



f0037258_05305777.jpg

若木があります。サークル状の木の枝にロープが巻かれています。なんだか神聖な感じ。トトロが出てきそうです。



f0037258_05324216.jpg

木を使った遊具がたくさんあります。登園時間なので園児が楽しそうに遊具で遊んでいます。



f0037258_05334477.jpg

雨に濡れた緑が美しすぎる。


f0037258_05350091.jpg

自然トイレ発見。地面に穴を掘り便座を置いているだけなので一年以上経過したら土をかぶせて別の場所に新しく自然トイレを設置するのだとか。



f0037258_05363439.jpg


自由遊びの時間に今年度卒園する年長さんが来年度の新入園児のためにリュックサックにつける木のワッペンを作っていました。なんとも本格的。



f0037258_05393049.jpg

これがそのワッペン。園児の名前を書いて、穴を開けてヒモを通します。素敵なプレゼントですね。


f0037258_05410790.jpg




朝の会の場所。



f0037258_05373969.jpg
誕生日っ子のお祝いをしました。6歳になったのでロウソクは6本です。



f0037258_05463376.jpg

幼稚園が用意した2つのプレゼントから1つ選びます。ハラヒング森のようちえんはモンテッソーリ式ようちえんと言っても過言でないくいらモンテ化が進んでいました。




たとえば、徹底して子どもにやりたいことを選ばせること。そのため、園は子どもたちに整備された環境を与え、選択できるワークグループを用意しなければなりません。




朝の会では土曜日に予定されている夏祭りの話し合いもされました。年長さんが行う特別なプログラムがあるからです。




子どもたちは自分の座るクッションをリュックサックにぶら下げて目的地に向かいます。




昨年4月の大嵐の際になぎ倒された木々がゴロゴロしています。大嵐の傷跡が残っています。




みんなですぐに朝ごはんを食べます。溶岩パウダーで手を洗いました。




園長先生が私の隣りに座りいろんな話をしてくれます。




来週からなんと朝食の時間を長く設定し、私が懇意にしているモンテッソーリ幼稚園と同様なスタイルにするのだとか。




つまり、園児が食べる時間を決めるというもの。二人の先生が2つのバウバーゲンについて園児に食事をさせて、残りの二人の先生が外遊びをしている園児を見るシステムを導入されるらしいです。




そのことによりバウバーゲンに子どもが密集することがないので混雑が防げるはずだと。




しかし、朝の会が10時以降になるので今までとは違うスタイルになるのだとか。




先週は園長先生自ら、ミュンヘンにある別のモンテッソーリ幼稚園の視察に行き、この朝ごはんスタイルを学んできたとのこと。あとサークル状の年間カレンダーも採用したいとおっしゃっていました。




積極的にモンテッソーリ教育を取り入れる姿勢には脱帽です。




モンテッソーリ教育は作業を通じて子どもに学ばせるというもの。




朝ごはんを終え、再び自由遊びの時間。先生が言います。大嵐で唯一良かったことは木の根っこで遊べること。




f0037258_06012312.jpg

年長さんがワークグループで夏祭りの練習をしているとき、ダニが子どもの足の上にあり、先生がそのダニを手で捕まえて頭をぎゅっとして殺していきます。なんともまあ生々しい。




先生は言います。子どもは目的地によって好きな場所が違うと。そのため、数日間は同じ場所に行き、子どもが前日の続きができるように設定しているのだとか。持続性教育の一環かなと思いました。




園に戻る途中で大粒の雨が。




f0037258_06043343.jpg

園に戻り、ランチの時間までは、また自由遊びの時間。




ランチルームには一人の先生がつき、6名までの子どもが順番に食べていきます。



待ってる子どもの場所が決まっていて、バウバーゲンに入る時に石を持っていきます。食べ終わったらまたその石をあった場所にもどします。ルールがたくさんあります。



2つあるバウバーゲンのランチルームが清掃されている間はもう1つのバウバーゲンのみが使用されます。14時以降もいる園児だけが対象になります。




スマイルをしている木の顔。


f0037258_06072175.jpg

園長先生が実習生に言います。「作業をさせなさい。それぞれの作業には適した環境(材料と道具)があるのよ」




小さなワークグループがシステマチックに動いていきます。「用意された自由」、「のびのびした自由」、「自己決定して選ぶ自由」。 いろんな自由があり、「他者から影響を受けない自由」ってなんだろうと哲学的なことを思ってしまいました。




[PR]
by midorimartin | 2016-07-27 05:41 | ドイツの森の幼稚園

【視察1日目】ウンターメンチング森のようちえん

今日から3日間、森のようちえん視察プランを遂行します。





まず第一日目は、2010年3月に声かけをしてすぐに快諾してくれたウンターメンチング森のようちえん。





何度も足を運んでいる常連の森のようちえんであり、幼稚園の先生お二人とはもう6年以上のおつきあいになります。



f0037258_03511315.jpg



素敵な季節のテーブル。



f0037258_03520721.jpg


トマトの菜園。



f0037258_03530074.jpg


勝手知ったる園なので、お客様に園舎や園庭の説明をしました。




9時になり朝の会が始まりました。先生は私たちゲストの紹介をしてくれました。




お天気ステーションの発表(風向き、気温、天候)、園児の人数を数え、カレンダーも勉強します。




今までは今週に行く場所選びの際、カードを裏向きにして引かせていたのが、なんとルールが民主主義になったということで、一票制に変わったとのこと。私たちにも一票がありドキドキ。



f0037258_04285101.jpg


朝から雲行きがおかしかったのですが、朝の会をやってるときに大粒の雨が。でもホロがかぶされていたので濡れず。





雨が止んだので9時30分ごろ森に出発。アリの道を歩く時は車も通る生活道路になるので、一列に並び静かに歩かなければなりません。





私は少しお客様とおしゃべりしてしまい、森の入り口に着いときに4歳児の男の子から「アリの道では静かにしないといけないんだよ。一列で歩かなければならないんだよ」と注意を受ける羽目に。




さすが、自己主張の国ドイツ。小さくても意見はしっかり。反省と共に感心しました。




10時頃、目的地に到着。雨上がりの森は緑がとても綺麗です。




f0037258_04325546.jpg



目的地の「根っこ広場」には新しい「森のソファ」がありました。ティッピが壊されてできたものだとか。




f0037258_04341174.jpg



10時30分、朝食をみんなで食べました。みんなお手拭きを持ってきています。まるで日本の遠足のようです。





おしゃべりしながら楽しくみんなで午前のおやつを食べます。




朝食後、再び自由遊びの時間。





先生が課題保育として彫刻刀でデザインした木の枝に色付けをしています。




でも難しいテクニックだからできる園児がいるのかわからないとのこと。でも見本としてとりあえず作り、やりたいと思ってくれる子どもを待っているのだとか。なんとも我慢強いです。



f0037258_04362162.jpg


この園の先生お二人は10年以上タッグを組んでいらっしゃるのでまさに阿吽の呼吸。




二人の安定した空気感が子どもたちにも安心の保育環境を与えているなあと思いました。





森の中のあらゆる自然のものを使って子どもたちがのびのびと遊んでいます。





自然発生的にみんなでごっこ遊びをするシーンに遭遇しました。出産間近の雌馬がいて、場所の設定はお城。お姫様や女王様や騎士がでてきます。なんともファンタジックなシチュエーションです。




チームのリーダーになった男の子は年長さんだけど、いつもは違うリーダーの園児がいるらしく今日はそのリーダーの園児がいないので彼はチャンスと思ったようです。




でも、一生懸命みんなを引っ張ろうとしているのだけど、なぜか尻切れトンボの状態に。




みんなでごっこ遊びをすることはまあないということで、先生もシャッターチャンスを待っていたのですが、あきらめてしまいました。




結局、いつ馬のベビーが生まれたのかわからない感じになったと思いきや、何か鉄製のものが土の中に埋もれているのを発見。




みんなでスコップを持って土を掘ることになりました。そのときのみんなのチーム力は素晴らしかったです。




f0037258_04432093.jpg



カエルを見つけました。先生が図鑑を持ってきているので、興味のある男の子たちに先生が図鑑を見せて説明しています。




ウンターメンチング森のようちえんの基本は「見守り保育」。先生は優しい眼差しで園児に寄り添っています。





12時過ぎになり園に戻ることになりました。大きなカタツムリに遭遇。




f0037258_04454661.jpg




歩くのが遅い園児、何かを発見してじっと観察している園児。先生は迎えに行かずに、園児が来るのを待っています。




子どもに気づかせて行動させること。これが大事なことのようです。忍耐強くないとできないことですよね。





森の中で見つけた宝物を持って、園児の顔が輝いています。宝物ってなにか?それは素敵な形をした木の枝。




12時30分、園に到着し再び自由遊びの時間。木の実を拾ったり、園庭にある藪で探検したり。






昔懐かしい匂いがします。心の中が甘酸っぱい感覚でいっぱいになります。





ランチの時間になり、食器のセッティングをする園児がお皿やナイフやフォーク等をテーブルに並べていきます。




モンテッソーリ教育が少しベースにあるので、子供たちは自分が食べたい量や飲みたい量を選択できます。





みんなでおしゃべりしながら笑顔で食事。美味しい笑顔。




ランチが終了し、食事当番の子どもが一緒に手伝ってくれるお友達を選んで一緒に後片付けをします。





この園では先生が担当の子どもを選んだ後、その子どもが自分が一緒にしたい子どもを選べるシステムを採用しています。




14時30分が降園時間。その10分前くらいから終わりの会が始まります。この日は年長さんが大好きな動物当てっこクイズと、先生のピエロの手遊び歌のどちらをするか決定することに。またもや民主主義のスタイルになり、お客様と私も一票を投じました。




ピエロの手遊び歌が勝ちました。まさか森のようちえんで一票の重みを感じることになろうとは。



動物当てっこクイズもギリギリ最後にやったのですが、一人の男の子の答えは「なんにもなし」。答えの動物を考えていなかったのかわからなくなったようです。そんな答えもありなのかと思ってしまいました。でもなんとも微笑ましいです。




木の枝で作った楽器。素敵な音色がします。



f0037258_04582731.jpg




タイムスケジュールはあるのだけど、でもゆったりとした時間が流れていきます。




先生が声を荒立てることはありません。優しい声かけで、子どもに気づかせて、子どもが答えを見つけられるように導いていきます。




元気いっぱいの子どもたちと触れ合え、自然の中で過ごし、森のようちえんの素敵な一日を堪能しました。




[PR]
by midorimartin | 2016-07-27 05:00 | ドイツの森の幼稚園

イザールアウエン自然幼稚園の夏祭り

7月16日(土)、イザールアウエン自然幼稚園に参加しました。


f0037258_03344669.jpg

テーマは「サーカス」。園児たちがサーカスのお芝居を見せてくれました。




f0037258_03392861.jpg

とっても可愛い飾り付け。


f0037258_03400697.jpg

ひとしきりおしゃべりして美味しいビールやお料理も堪能し楽しいひとときを過ごしました。




ただ一点気になったのは、人事不足という理由で、来年度は2歳児から7歳児を2つのグループに分けて保育するとのこと。





実際にどうなるのか見ながらやっていくということで、懐疑的なママさんもいました。





私もこの園の今後の動きに注目しています。




f0037258_03425111.jpg





[PR]
by midorimartin | 2016-07-27 03:43 | ドイツの森の幼稚園

【モシュ森ツナギストだより】 Vol 2「木との対話」

2010年に始めた、森のようちえん視察プラン事業。




元々、自然派志向の私でしたが、森のようちえんと関わりを持ったことで、木と対話ができるようになった気がします。



私には「父の木」と名付けた一本の木があります。家のすぐ側には森が広がり、ウォーキング時にその木の前を通ります。父の木に手をあて、手の平を通じ父と対話しています。




父の木をからエネルギーをたくさんもらっています。木の素晴らしさを実感しています。




今年の6月に、私が書いたPeter Wohlleben氏の本「木の秘密の生活」のブログ記事をご覧になった方から、下記のようなメッセージを頂きました。記事はこちら→http://miamama.exblog.jp/25156396/




第1回 世界木こりフォーラム「ワールド・フォレスト・カフェ2016」

「世界木こりフォーラム」は、「木こり」、つまり、世界中の森を愛する人々、森と共に暮らしている人々、森林の可能性を大切に思う人々が、世界の森を訪ねて、森との新しい関わり方を創造していくための会話を行うプラットフォームです。

森林との新しい関わり方の可能性を創り出し、未来に持続可能な地球を「贈り継ぐ」ことを目指しています。

第一回世界木こりフォーラムは、日頃の肩書きや地位やいつもの視点の向こう側に足を踏み出し、オープンで率直な会話と対話をするために「ワールドカフェ」という会話手法を使います。
第一回世界木こりフォーラムは、森の中で、森を参加者の一人として迎えたカフェテーブルで、ワールド・フォレストカフェを行います。多様な異なる観点を包含して、参加した人がそれぞれに、森との関わり方に関して、これまでには可能でなかった新しい地平線を開くことを目指しています。




残念ながら、第一回世界木こりフォーラムは終了してしまったのですが、機会があればぜひ参加したいって思っています。



だって、「木こり」っていう響きが素敵なんですもの。私も「木こり」の一人だなあ〜って思います。




Peter Wohlleben氏の本「木の秘密の生活」には、珠玉のメッセージが含まれています。たとえば、、、




・  みんなで一緒がベター。いっぽんの木は森ではない。
・  木いっぽんいっぽんが共同体にとって大切な力となる。
・  木は香りを発しながら他の木とコミュニケーションを取っている。
・  木たちは強い部分と弱い部分を補いあっている。
・  キノコとの共同生活が木にとっては大切。
・  キノコは森の中のインターネット。
・  土の恵みなくして森はありえない。木は根っこを生やさなければならないからだ。
・  若い木よりも古い木の方が強くて性能が良い。
・  森は自分が現在地を理想的な場所に変えることができる。



とっても素敵なキーワードがたくさん出てきましたね。「共同体」、「強さと弱さを補いあう力」、「土の恵みと根っこ」、「今いる場所を理想的に変える」など。



木は人間にとって必要なものを教えてくれる存在と言えます。




そんなことを思いながら、森のようちえんを視察させて頂く喜び。




やっぱり、森のようちえんの視察プランをライフワークにして良かった。




もちろん、モンテッソーリ幼稚園やシュタイナー幼稚園でも、子供たちが自然と関わっている姿を見学することができる。その瞬間が一番楽しい。



[PR]
by midorimartin | 2016-07-12 04:42 | コラム