森ようツナギスト Japanication ゲッベルみどり

miamama.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ドイツの本「Wie Kinder heute wachsen Natur als Entwicklungsraum」

1月13日、ドイツの本、6冊目を完読しました!!




タイトルは、「Wie Kinder heute wachsen」。副題は、「 Natur als Entwicklungsraum」。





共同著者で、小児科医のHerbert Renz-Polster氏と、脳研究者のGerald Hüther氏。





「今日の子供たちはどのように育っているのか」という教育本であり、「自然は成長の場」が
サブタイトルになっていて、私はこのサブタイトルに惹かれて、この本を購入しました。





自然の写真や自然とたわむれる子供たちの写真もふんだんに使われているのも魅力です。




f0037258_742207.jpg





コンテンツは以下のとおり。




Natur - und dann? 自然、それで?


1) Entwicklung, von oben betrachtet - Verbundenheit 上から見た成長。一体感。


2) Der Schatz dort draussen - Hingabe 外に存在する宝物。没頭。


3) Natur und Gesundheit - Langsamkeit 自然と健康。ゆっくりと。


4) Warum schlagen wir das Angebot aus? - Mitgefühl なぜ自然を拒否するのか? 共感。


5) Das grosse drinnen. von Computern und Kinderspielen - Geduld 大きな部屋。コンピュータから子供のゲームまで。忍耐。


6) Ist die Natur denn gefährlich? - Vertrauen 自然は本当に危険なのか? 信頼。


7) Wege in die Natur - Achtsamkeit 自然への道。気づき。


8) Naturerfahrungen in einer bedrohten Welt - Beharrlichkeit 脅威の世界における自然体験。持続。



以下は、それぞれの章で、私が気に入った文章です。



第一章

子供たちが、家族と安心感が持てる関係を築き、子供たち同士で同じ目線を持ち、遊びながら学べるとき、彼らは成長という航海の中で、次の2つの大切な帆を立てます。

一つめの帆は、好奇心。

二つめの帆は、自分でオーガナイズ。

それらが、「創造性」や「想像性」や「社会的能力」という生きる上で基本とする能力を活性化させるのです。

境界線にはいつも自由がくっつきながら存在しています。

子供たちはびくともしない根っこを必要としています。


第二章

幼児教育の四つの源

一つめ、直感的なもの

二つめ、自由

三つめ、抵抗力

四つめ、一体感

子供たちには、「抵抗力」が必要です。少し、パラドックスに聞こえますが、外の世界では、自由と境界線は一緒です。まるで表裏一体のように存在しています。なぜなら、自然は自由への生きた招待状であり、また他の要素も持っているからです。それは「抵抗力」。

自然は子供たちにとって、人間同士がぶつかり合う出逢いの場です。自然は組織化されていないので予測ができません。そのため、子供たちはつながりを求め合います。子供たちのグループは自然発生的に見えて、実は必然性を伴っているのです。これは、一体感を得るためのグループ作りと言えます。

子供たちは、没頭する時間を持っています。この瞬間こそが、人生の中で一番輝く最高に幸せな時間のです。


第三章

ゆっくりと進むもの。時間をかけて成長するもの。花が咲くまで、果物が熟れるまで、待たなければなりません。人間ではなくて、自然がいつ成長するのかを決めています。いつ生まれて、いつ死ぬのか、自然が決めるのです。力強く成長するために、速いことが大切なのではなく、ゆっくりと育つことが大切。そんなことが学べるのが自然。





第四章

本物の森の中で花が成長するような人間が必要です。太い幹、良い木の皮、深い根っこ。生き生きとしていて、抵抗力があり、社会的能力も持ち、想像性豊かな人間。基本能力を持った人間。

共感する心は、子供たちは教えられるものではなくて、自分たちで見つけなければなりません。そして、大人は子供たちが共感を失くさないようにしなければなりません。



第五章

人生の中で一番大切なことはすべて、関係性の中で学べます。共同生活の中の境界線は、健全な関係性が築けているからこそ成り立つのです。

服従と自制は違います。

生きた自然の中で、子供たちは実りある人生を築くためのキーを自分の力で見つけることができます。



第六章

子供はどうやってリスクを察知できるのか?

それは、実際にやってみて練習することでできる。とにかく、やってみる。やらせてみる。親が先回りして子供に何もやらせないということをしてはいけません。

子供たちは、自分でどうしてもできないことを学ぶ機会を持つべきです。その際には、助けてくれて、勇気を与えてくれる大人が必要であり、そのことを通じて、子供たちは信頼が何かを学ぶことができるのです。

畏敬とは、心配とは違い、特別な信頼です。





第七章

なぜ現在の教育では、知覚能力のみが必要とされているのでしょうか。それは、知識社会が必要としているからです。でも、多くの子供たちは、特別なホワイトカラーの職場で働かないでしょう。




この本の中では、森の幼稚園のことも少し書かれていました!

「森の幼稚園は、関係性を築くための最高の場」だと紹介されています。なぜなら、より自由な場であり、より可能性が広がっているから。

そして、森の自然だけが素晴らしいのではなくて、自然の教育が素晴らしいと書かれていました。

子供たちは、自由空間の中で、独自に自分で考えた遊びができるからです。

小学校の先生は、森の幼稚園や森のプレイグループ出身の子供の方が、社会的能力が高く、想像性豊かだと分析しています。

「自然現象」は自然体験とは違います。木が成長する事を知っているから、成長した木の美しさや力強さを感じることができるとは言えないのです。






第八章

人生を成功させるためには、持続性が大切です。うまくいかなかったときなど、持続する力が重要なのです。





ふむふむと納得できる文章が多く、そして、なにより、「自然は最高の教育の場」と力説されていることに共感しました!




「森の幼稚園も素晴らしい!」と書かれていたのも嬉しかったです。




生きていく上で、関係性がとても大切であること、そして、自由と境界線はコインの表と裏の存在であることという考えに、非常に感動しました!





ラインが引かれているからこそ、自由の大切さを感じられるのかもしれないし、



他人との関係性があるからこそ、仕事や遊びも楽しくなるんだと思います。



幼児教育本でもありますが、大人が生きて行く上でも、ためになるキーワードがたくさん含まれている本だと思います!!
[PR]
by midorimartin | 2014-01-18 09:03 | ドイツの本

ドイツの本「Mädchen!」

ドイツの本、5冊目「Mädchen! Wie sie selbstbewusst und glücklich werden」を完読しました!!




著者は、オーストラリア出身のサイコロジスト、Steve Biddulph氏。著書もたくさんある有名な方のようです、、、。




f0037258_19421592.jpg





「Mädchen」とは、「女の子」という意味になり、11歳の娘を持つ私としては、自分の育児にも役立つのではないかと思い即買いした本。





3章の構成になっていて、内容は以下のとおり。




「第1章 娘の成長に大切な5段階 (Die fünf Phasen im Leben eines Mädchens)」

① 娘を育てる ー 最初のまとめ (Mädchen erziehen - ein erster Überblick)

② 人生の正しいスタート (Der richtige Start ins Leben)(誕生〜2歳)
 
③ 世界を発見する (Die Welt entdecken)(2歳〜5歳)

④ 他者と関わる (Mit anderen zurechtkommen)(5歳〜10歳)

⑤ 自己精神を見つける (Die eigene Seele finden)(10歳〜14歳)

⑥ 大人になるための準備 (Vorbereitung aufs Erwachsensein)(14歳〜18歳)


「第2章 効率的な防御 ー 5つのリスクとどのように対峙するか (Wirksame Abwehr - Wie man mit den fünf großen Gefahren umgeht)」

① 早熟な女の子たち (Zu früh zu sexy)

② 意地悪な女の子たち ー いじめ (Fiese Mädchen - Mobbing)

③ 身体、体重、食事 (Körper, Gewicht, Ernährung)

④ アルコールとその他のドラッグ (Akohol und andere Drogen)

⑤ 女の子たちを取り巻くインターネット (Mädchen und das Internet)


「第3章 娘と両親 (Mädchen und ihre Eltern)」

① 娘と母親 (Mädchen und ihre Mütter)

② 娘と父親 (Mädchen und ihre Väter)


著者自身が娘を一人持つ父親ということもあり、非常に具体的で共感が持てて、なおかつ説得力のある教育本になっていると思います。




第1章は、年代別に分かれているので、該当する項目をじっくり読むだけでも十分に参考になると思います。



私の11歳の娘は「自己精神を見つける」という時期に来ているようです。本の内容で、まずは面白いと思ったのは、自分のお部屋の片付けは本人にさせるのが基本で、手伝ってと言われれば手伝うこと。そして、ノックして返事があればお部屋に入ってもよいこと。もう、プライバシーができているということなんだと思います。





そして、この年代の女の子たちは、自分のアイデンティティ、つまり、自分の根っこがどこにあるのかを探し始めるのだそうです。




それは、何かの「ヒラメキ」や「キラメキ」のようなインスピレーションのようなもの(Der Funke)で、感じることのようであり、私たち親は、娘の「ヒラメキ」や「キラメキ」を大切にしてあげることが大切というもの。




ヒラメキがすべて、彼女たちの職業になりうるものではないそうですが、それでも、そんな直感力をサポートしてあげることが大事なようです。




第2章の「早熟な女の子たち」では、SEXはお酒を飲んで流れでするものではなくて、好きな人と愛し合ってするものということを教えましょうと具体的に書かれていて、アンケート結果も掲載されていて、いかに若年齢で初体験を迎える人が多いかということが懸念されています。




早く経験していなければ、負け犬扱いにされるというリスクもあるようで、厳しい女の子たちの世界が深く伝わってきました。




己を貫き通せるだけの強さを身につけなければならないということなんだと思います。




「女の子たちを取り巻くインターネット」も、結構現実的でシビアなことが書かれていました。ハンディーやコンピューターを介してのFacebookのアクセスを禁止するのではなく、そんなツールとの正しい使い方を教えることが大切ということだそうです。




社会に潜む危険性を排除することは、たとえ親であっても出来ないということなんだと思います。




そうなると、モラルやそんな危険性に近づかないようにするにはどうしたらよいのか、正しい自己判断を教えていくしかないということであり、それは娘を育てる親の最重要課題だということを、この著者は伝えたいのだと思いました。




14歳から大人になるための準備、つまり本格的な思春期が始まります。その時期がくると、娘は私と対立すると思いますが、そのときこそ、特に母親は娘のことを見守り続けなければならないと力説されています。




18歳を超えると、また母親との関係が良好になるようなので、そんなことを思いながら、今後7年間を娘と過ごしていきたいと、この本を完読して納得した次第です。




良い本に出逢えたなあ〜って思います、、、、。
[PR]
by midorimartin | 2014-01-03 20:20 | ドイツの本