森ようツナギスト Japanication ゲッベルみどり

miamama.exblog.jp
ブログトップ

ドイツの生活はダンケから始まる

ドイツの生活はダンケから始まる from wms

一度、ドイツ人の同僚から、こんなことを言われた。

「みどりって、本当によくダンケを言ってるわよねー。めずらしい、、」

「ダンケ」とは、日本語で「ありがとう」という意味になる。それまで、あまり意識したことがなかった感謝の気持ちだったが、今またふとそのときの同僚の言葉が思い出された。

なぜなら、人間関係を潤す言葉の一つが、この「ダンケ」だからである。

私は娘が一歳のときに、ドイツの保育園に預けて、仕事に復帰した。保育園の保母さんは二人いて、どちらも優しくて有能だった。一人がベテラン20年の保母さんで、娘が2歳になったとき、こんなことを言われた。

「あなたはちゃんと自分の境界線の基準を持っていますか?子供に【していいこと】と【してはいけないこと】の境界線を引いていますか?でないと、あとで大変なことになりますよ」

私はこのとき、人にはいろんな事情があって、朝忙しいときに、子供の要求どおりにしなければ、時間に間に合わなくなることがあるんですよ、、と、内心思いながら、

「貴重なアドバイスをありがとうございます。がんばって境界線を引いてみます」と答えた。

この先生とは、その後、いろんな話をするようになり、育児のアドバイスも受けるようになった。私があのとき、彼女の助言をちゃんと受け止めて、「ありがとう」と感謝の気持ちを表したからだと思っている。

幼稚園の先生に対しても、感謝の気持ちをストレートに表すことにしている。もちろん、職場でも同じである。上司、部下、同僚関係なく、何かをしてもらったり、何かを依頼するときは、いつも「ダンケ」を伝えるようにしている。

感謝されて嬉しくない人間はいないはず。「ダンケ」は私にとって、万能な魔法の言葉である。

応援のポチッ、よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキング

[PR]
by midorimartin | 2006-09-30 00:37 | コラム