森ようツナギスト Japanication ゲッベルみどり

miamama.exblog.jp
ブログトップ

森の幼稚園実習生第九期生の実習最終日に同行しました★

12月21日(金)、森の幼稚園実習生第九期生の実習最終日に同行しました。




実習園は「ファサナリー自然幼稚園」。同幼稚園では3人目の日本人実習生になります。そして、私の森の幼稚園事業の最期の実習生でもあります。




そのため、非常に感慨深い半日になりました。実は私の体調が良くなかったので、9時〜11時くらいまでしかいられなかったのです。





また、この日は体育館でしたので、それもよかったです。体調が悪かったので、もしも普通に森に行っていたとしたら、悪化しかたもしれないからです。





体育館での保育は初めて見学させてもらったのですが、なかなか興味深かったです。自由遊びが中心で、午前のおやつとランチと2つ用意されるらしく、先生もゆったりした感じで保育されていました。





そして、第九期生の実習生としての成長ぶりにも目を見張るものがありました。子供たちとのコミュニケーションが素晴らしくて、先生が安心して彼女に保育を任せている姿を見て感動しました。





第九期生から私は学んだ言葉があります。それは、「子どもは同じ」ということ。私は今まで、日本で保育経験がある幼稚園教諭や保育士さんだから、言葉のコミュニケーションがスムーズにいかないときがあったとしても、「保育は同じ」なので、なんとかこなされているのではないかと推察していたのですが、保育が同じなのではなくて、日本とドイツの子どもが同じだから、ドイツの森の幼稚園の保育に携わることができるというもの。目からウロコでした。




ファサナリー自然幼稚園の女の先生が、第九期生のことを高く評価されていることが伝わってきました。なぜなら、彼女から第九期生に対してたくさんの質問があったからです。




私は第九期生の回答をドイツ語に訳して先生に伝え、先生の言葉をまた日本語に訳して第九期生に伝え、私も一緒にいろんなことを学ぶことができました。短い見学時間でしたが、内容の濃い充実した時間になりました!



質問内容ですが、、、例えば、、、




「森の幼稚園が通常の幼稚園よりも劣っていること」




第九期生の回答は、「集団でする課題への取り組みを全園児がしなくてもよいこと」と「障害園児の統合教育」でした。




ドイツでの幼稚園では、集団でする課題があるときに、やりたくない子はやらなくても良いという暗黙のルールがあります。




日本だと例外は認められず、みんなで取り組まないといけませんが、ドイツでは自主性を重んじるということで、やりたくない子どもはやらなくてもよいという例外が適用されるスタイルが取られることがあります。




ただ、女の先生が、このドイツの集団でする課題への取り組みに対して、警鐘を鳴らされていることが興味深かったです。




障害児童の受け入れは基本的に森の幼稚園でもできるはずだという先生のお考えでした。実際に呼吸障害の園児の申し込みがあり受け入れる予定だったのが、園児側から断りがあり、実現しなかった経緯があるそうです。仮にもしも障害園児の受け入れをした場合は、その子供専用の先生がついて、一緒に保育をすることになります。




ミュンヘン市から支援を受けている幼稚園は、ミュンヘン市からその障害園児専用の先生の派遣があるそうです。





「森の幼稚園の素晴らしいところは?」




第九期生の回答は、「保護者運営の良さ。親と一緒に子どもを育てている感を感じることができるから」





「森の幼稚園の改善点は?」




第九期生の回答は「バウバーゲンに季節の絵や曜日カレンダー等を掲げるのはどうか?」




それに対する先生のコメントは「バウバーゲンに季節の絵はいらない。森に行けば、季節を生で感じることができるから。でも曜日カレンダーは作る予定です」





「森の幼稚園の実習期間でベストな体験は何か?」



第九期生の回答は「自分が実習を通じて、ゼロから絆を作っていったので、子どもの気持ちにより寄り添えると思う。言葉のコミュニケーションのジレンマをすっごく感じたので、3歳児が一生懸命に他社とコミュニケーションを取る姿に共感できる!」




2010年10月から2012年12月までの約二年間の森の幼稚園のインターンシップ事業で、9名の日本人実習生のお世話をさせて頂きました。




本当に私にとっては一人ひとりが宝物です。たくさんのことを学ばせてもらいました。




来年からは森の幼稚園視察事業のみに力を注いでいきたいと思っています。



f0037258_4511155.jpg

[PR]
by midorimartin | 2012-12-23 04:53 | ドイツの森の幼稚園