森ようツナギスト Japanication ゲッベルみどり

miamama.exblog.jp
ブログトップ

新しい視察園を獲得しました〜☆

先週の金曜日に、とっても優しいパパさんが、新しい視察園を紹介してくださいました〜☆ (→ Mさん、ありがとうございました!)



f0037258_626885.jpg


その名も「ボーゲンハウゼン自然幼稚園」。




私は今までにミュンヘン市内や郊外あわせて9つの幼稚園を訪れたことがあるのですが、今回の園は記念すべき10園目になり、本当にユニークで素晴らしい幼稚園なので感動しました!



これは朝の会が行われたティッピです。なんと8年前くらいからあるそうな。またこんな大きな手作り自然のティッピも初めて見ました!



f0037258_626293.jpg



ティッピを中から撮りました〜。


f0037258_6285385.jpg




Brotzeitの前に手を洗ったのですが、保護者が用意した暖かいお湯とLarvaerdeと呼ばれる石けん。



f0037258_629506.jpg





ユニークなのはまずBrotzeit。なんと幼稚園側がパンとチーズとハムとフルーツを用意するのです。子供たちは飲み物だけ持参します。




そして、当番の子供たちがテーブルのセッティングをして、当番の子供たちが後片付けもします。それから、食事中も子供たち同士でパンやチーズのお皿を渡し合ったりします。




まさに「子供たちの自主性が育っている現場」を生体験!!




私と一緒に遊びたいと言ってくれた女の子がいて、その女の子は私の水筒を私のリュックサックに片付けてくれました!これにもびっくりです。




自主性と言えば、スコップやボールやロープなどの幼稚園の道具リストもあり、子供たちが使うとき自分の絵が描かれてあるマグネットが貼れるようになっています。このリストによって、誰が使って片付けていないのかが一目瞭然です。こんなリストを使っている森の幼稚園を見た事がなかったのでアイデアにとっても感動しました。


f0037258_6325677.jpg




ユニークといえば、先生の構成にも驚きました。常勤は園長先生で、彼女は技術の先生でもあるので、この幼稚園ではかなりの頻度で手作りの制作をされるそうな。



例えば、こちらは工具を使うための作業台。


f0037258_6392955.jpg




そして、聖マーティン祭りで使われた、組み立て式の木製の提灯。



f0037258_704637.jpg




週に3日勤務の先生と週に2日勤務の先生がいて、週に2日勤務の先生はなんとお爺さん先生で、彼の本職は図書館の司書。そして音楽家でもあり、幼稚園の先生でもあるので、彼のプロフィールに衝撃を受けました。




歌がお上手で、お話もお上手で、園児達にとっても良い影響を与えているのでないかと推察できました。



あと身体的障害を持たれている実習生も一人いらっしゃいました。門戸の広さに驚きです。



一日の時間割はこんな感じです。


8時30分~9時登園。


9時~9時半は朝の会。自由遊び。


10時頃にBauwagenでBrotzeit。


10時30分におしっこタイム(園長先生がアラームを設定されていて、10時30分にアラームがなり、年少さんをおしっこに誘導していました!アラーム設定されている先生を見たのも初めてでした)


10時30分〜11時30分。森で自由遊び、あるいはBauwagenで課題。

(この日の課題は「穀物」で、お爺さん先生が持って来られた粉挽き機を使って数名の子供たちが穀物のことを学んでいました)


11時半に集まってJahrgangstreff。年少と年中と年長に別れて、3人の先生がそれぞれ30分ほど担当。


(こちらも驚きました。年少はお爺さん先生が担当されて歌を歌い、年中は実習生が担当。年長は卒園記念の本作りです。たとえ30分でも実習生が小グループを任されている姿にふむふむと思いました)



12時15分頃、昼食の準備。

(私は昼食準備時間におさらばしましたので、昼食がどうだったのかは残念ながらわかりません、、、)


12時30分くらいから昼食。



13時45分から14時降園。




f0037258_6474225.jpg




先生が教えてくださいました。木に緑の色を塗って子供たちにボーダーラインを教えているそうです。



f0037258_6541123.jpg





徒歩1分にある森。そして、周りは畑。立地条件はかなり良いです。




f0037258_6552755.jpg





課題をしない子供たちが森で自由遊びです。私は園長先生と一緒についていきました。自然豊かで、とっても素敵な保育環境です。




女の子が一人こけて泣き出しました。先生は手をさしのべて、その子に歌を歌っています。日本流の痛いの痛いのとんでけ〜みたいな歌ですが、なぜかシュタイナー幼稚園で聞いた歌を思い出しました。





そうなのです。この幼稚園では、自主性を重んじているところがモンテッソーリ幼稚園に通じるものがあり、手作り作業や歌がシュタイナー教育に通じるものがあり、そして森という私が好きなドイツの三大教育をうまくミックスした自然幼稚園だなあ〜とつくづく感心してしまいました!




新しい視察園になりましたので、来年お客様をお連れするのが楽しみです!!
[PR]
by midorimartin | 2012-11-19 07:01 | ドイツの森の幼稚園