森ようツナギスト Japanication ゲッベルみどり

miamama.exblog.jp
ブログトップ

[半日視察]ポーイング森の幼稚園☆

7月25日(水)、60代のご夫婦をお連れして、ポーイング森の幼稚園を訪れました。




今まで私は、20代、40代、50代のお客様の視察同行をしたことがあるのですが、60代は初めてです。




また、お客様は日本で幼稚園の園長先生と音楽の先生もされていて、現役の先生でもあるので、私はお客様に対して視察前から興味津々でした。





f0037258_5533656.jpg





9時少し過ぎに着いてしまったところ、朝の会が既に始まっていて、幼稚園にご迷惑をおかけしてしまいました。





ツアーのプログラムを変更して、私の森の幼稚園視察プログラムに参加してくださったことが当日わかりとっても光栄でした。




ただ、お客様の身体のことやその日のスケジュールも当日にわかったので、それらの事情は前もって知っておくべきだったと反省しています。





f0037258_5563924.jpg







初めて二人のお客様のお世話をさせて頂いたのですが、お二人に対して同じだけ時間をかけて通訳等のサポートができたわけではなかったので、私には個人の視察のサポートが合っていることもわかりました!





朝の会の後、すぐに午前のおやつになりました。小雨が降っていたのですが、外の木のソファで食べました。




その際に、朝の会で聞けなかった子供たちの歌を聞かせてくださいました。先生がギターを持って伴奏をして、子供たちが歌を披露してくれました!





ドイツ語の同じメロディーで日本語バージョンの歌があったので、「ちょうちょ」や「子ギツネコンコン」の歌も歌って、とっても楽しかったです。




音楽の先生もされている奥様が、「お弁当箱のうた」と「大型バスに乗ってます」を手遊び歌として披露してくださり、その後、園児の女の子が大型バスの歌に触発されて、即興で車の歌を歌ってくれたのには感動しました。




これこそ、歌を通じた本物の交流ですよね〜。





午前のおやつの後は、子供たちは自由遊びをしていて、楽しく観察できました。




f0037258_622263.jpg






お客様はマリエンプラッツのレストランの時間があったので、通常12時15分の終わりの会を12時少し前にしてくださることになりました。





そんなリクエストを嫌がりもせず聞いてくださったことに心から感謝しています。




この幼稚園では、幼稚園の他に、森のプレイグループがあり、週に一回、卒園児の小学生がやってきたり、週に一回、お母さんと赤ちゃんが集まったりしています。



また、経営者が保護者母体から企業に変わるらしく、そんな中、私たちの視察を受け入れてくださったことに本当に心から感謝しています。




保護者が運営をするのに大変になってきたことが理由らしいのですが、何年も続けて幼稚園を経営していくというのは生半可なことではないということなんだと思います。





先生が虫を見つけました。図鑑を見て観察していました。




f0037258_664964.jpg






今年の秋には新しい実習生を受け入れてくださる予定の幼稚園なので、経営者が新しく変わっても、園の雰囲気は今のまま良いものであることを願っています。
[PR]
by midorimartin | 2012-07-27 06:09 | ドイツの森の幼稚園